主観系のエロが好きな男性におすすめな「体験型アダルトVR」をご紹介。

VRの劇的進化!「体験型アダルトVR」

需要が高まるVR

 

VR技術の劇的進化で「体験型アダルトVR」の需要が高まっています。

 

体験型を従来の表現に例えると「主観」で、まるでAV女優とセックスをしているような疑似体験ができることが特徴です。

 

昨今はクオリティの進化だけではなく、VR映像を楽しむ機器を低コストで入手できるようになったことで人気を高めています。

 

 

没入感の進化は少ない?

VR映像で楽しめる体験型アダルトVR(通称「VRAV」)は2016年頃に登場しました。

 

登場当初からVRに映像による没入感(リアリティ)は高い水準を確保していて、まるで目の前にAV女優がいるような雰囲気を楽しめるクオリティを確保しています。

 

また、VRAVが登場した当初から、VR映像の長所を活かした主観作品が主流でした。

 

しかし、登場当初のAVVRは以下の問題点を理由に大きく普及することはありませんでした。

 

  • 自宅でVR映像を楽しむための機材が高価
  • VR作品に出演するのはマイナー女優が中心
  • 当時のVRAVは20~40分程度の短時間作品が多かった

 

このようにコスパの悪さと従来のモニターで楽しむAVに比べて女優の質が劣ることが、登場当初から普及しなかった要因です。

 

その後は女優や作品の企画性と手軽にVR映像を楽しめるゴーグルの進化によって、2018年頃から大きなマーケットへ成長を遂げていきます。

 

 

スマホゴーグルの普及

安価なスマホゴーグルのイメージ

 

VRAVが登場した当初は、数万円のPC接続ゴーグルを活用し、ゴーグル内にVR映像を表示するものが主流でした。

 

昨今はスマホをゴーグルの中に挿入し、電源不要で専用のレンズ越しにスマホ画面を見ることでVR映像を演出するスマホゴーグルが主流になっています。

 

VRの没入感で見れば高価な映像表示型ゴーグルの方が優れていますが、1,000~3,000円程度で買える安価なスマホゴーグルでも高い没入感を楽しめると評判です。

 

VRならではの体験型疑似セックスをスマホ挿入型ゴーグルで楽しめるようになったことが、プチブームになった要因でしょう。

 

まだ試したことがない方は、安価なスマホ挿入型ゴーグルを買って試してみてください。
映像型ゴーグルとの違いを確認したい方は高価なVRゴーグルを買う前に、最新のVR機器を用意した個室ビデオ店を利用するとよいでしょう。

 

 

作品のクオリティが進化

体験型アダルトVRの普及によってトップAV女優が続々とVR作品に出演するようになりました。
元アイドルなどとの疑似セックスを手軽に体験できますよ。

 

また、従来は単調な主観作品しかありませんでしたが、ストーリー性を取り入れた演出やハーレムプレイ・乱交などの企画系作品が続々と登場しています。

 

作品数が増えたことで、手軽な料金で長時間のVR映像を楽しめる総集編のお得な作品も充実しました。
体験型アダルトVRが登場した当初は主観系作品が好きな人でないと楽しめない内容でしたが、最新のVR作品はエロ好き男性の全てが楽しめる内容に劇的進化を遂げていますよ!

 

 

バイノーラル録音の普及

ささやきかける女性

 

VR映像のクオリティに大きな進化はないですが、音声は「バイノーラル録音」の普及で大きく進化しました。

 

バイノーラル録音は、まるでAV女優が目の前に居るような距離感を味わえる品質を確保した音源で、高音質対応のヘッドセットを組み合わせることが望ましいです。

 

音源の進化によって、昨今はヘッドセット一体型のVRゴーグルではなく、簡易的なゴーグルと高価なヘッドホンを組み合わせて体験型アダルトVRを楽しむ方が増えています。
さらに映像に合わせて自動で動く「電動オナホ」も組み合わせれば、最先端のアダルト体験ができることでしょう。

ページの先頭へ戻る