男性用アダルトグッズの定番であるTENGAが進化した電動オナホについて

TENGAの未来形?自動で動く「電動オナホ」

電動オナホのジャイロローラー

 

歴史的な大ヒットを遂げ、オナホを日常的な存在に変えたTENGAは、2018年に電動オナホのTENGAジャイロローラーを発売して話題になりました。

 

このようにTENGAは「電動オナホ」という未来形に進化を遂げていて、TENGA以外にも多数の電動オナホが人気を高めています。

 

 

電動オナホは昔からあった

TENGAは2005年に発売したオナホで、スポンジの感触に加えて吸引力を大幅に高めたことで大ヒットを遂げました。

 

実は電動オナホはTENGAが登場する前から存在したアイテムで、ピンクローターやバイブなどのアダルトグッズを販売するアダルトショップが登場した初期の時代からあったと言われています。

 

しかし、当時の電動オナホは高価な割に気持ちよさの少ない商品やインナーと一体型で衛生面に問題がある商品が多かったようです。

 

昨今はTENGAなどの使い捨てオナホ(カップホール)を挿入して使うタイプや、エロ動画と連動して動く商品など機能性と衛生面の配慮が大幅に進化してことで人気を集めています。

 

最新電動オナホの特徴と機能性を見れば、電動オナホのプチブームが起こっている理由がお判りいただけることでしょう。

 

 

TENGAジャイロローラー

TENGAジャイロローラー

 

TENGA愛用者の方に是非使ってもらいたい電動オナホが、冒頭でも触れたTENGAジャイロローラーです。

 

TENGAを挿入して使うタイプで、上下のピストン運動は自分の手で行い、電動によってTENGAが横に回転することで新たな刺激を加えてくれるアイテムです。

 

名称にある「ジャイロ」は、挿入したTENGAがジャイロ(斜め)の回転をするのではなく、ジャイロセンサーを搭載してオナホを持つ角度によって動きが変わる機能が特徴です。

 

ボタン操作をしなくても、電動オナホを持つ角度を変えるだけで、回転する速度や向きを変更されるので、自分の希望条件に合わせて不規則な動きをします。

 

カップホールで歴史的なヒットを遂げたTENGAだけあって、電動オナホの機能性も非常に高いと評判です。

 

TENGAジャイロローラーの流通価格は1万円前後ですが、一度購入すれば将来発売される新作のTENGAを含めて長く使えますよ!

 

使用するTENGAの種類を変えるだけで刺激が変わるので、飽きずに長く使えるおすすめアイテムです。

 

 

VORZE(ヴォルツェ)

ヴォルツェのA10サイクロンSA

 

電動オナホのトップメーカーに君臨するメーカーがVORZE(ヴォルツェ)です。
同社の最新製品は、接続したVR動画の動きに連動して作動することができるので、電動オナホを挿入した後は操作不要で絶頂に達することができます。

 

ピストンタイプや回転タイプなど多彩な商品ラインナップを用意していて、売れ筋は7種の回転ができる「A10サイクロンSA+PLUS」です。

 

人気モデルは2万円以上する高級オナホですが、購入者からの口コミ・レビューで高い評価を得ています。

 

最新の電動オナホを試してみたい方や、体験型アダルトVR(AVVR)による疑似体験セックスのクオリティを高めたい方におすすめです。

ページの先頭へ戻る